繰り返すニキビ

繰り返すニキビ

やっと消えたと思っても、また出てくる繰り返すニキビ。
そんなニキビ肌にお困りの人は、大変多いと思います。
10代の頃は、「ニキビは一過性のもので、
大人になれば治る」と考えていた人もいるのではないでしょうか?

 

けれど、成人式を過ぎたからと言って、
ピタリとニキビが去っていくわけでは、残念ながらありません。
昨日と同じように、今日もまたニキビは繰り返し発生してきます。

 

では、どうしてニキビは繰り返し出来てしまうのでしょう?
同じ場所にポンポイントで繰り返すニキビの発生は、
ニキビ跡のクレーターやシミも大変心配になりますよね。
繰り返さないで済む、なにか良い方法はないものでしょうか?

 

繰り返すニキビの原因

・間違ったニキビケア
 思春期ニキビと同じように洗顔をして、かえってお肌を乾燥させてしまっていませんか?
 逆に保湿に神経質になるあまり、栄養過多、
油分過剰なスキンケア・アイテムを使っていませんか?
・乱れた食生活
 無理なセルフ・ダイエットで栄養のバランスを、大きく崩していませんか?
 ジャンクフードや外食ばかりで、新鮮な野菜を食べる機会が少なくありませんか?
 食生活の改善で、デトックスに心掛けていますか?
・薬の乱用
 女性の場合は、鎮痛剤の服用率が男性に比べて2倍以上高いとされています。
 鎮痛剤に限らずですが、薬を飲むと胃腸が荒れたり動きが悪くなり、便秘がちになります。

 

同時に肝臓や腎臓への負担も掛かります。
これらは、ニキビが発生しやすい体内原因です。
服薬は必要最小限にとどめて、自己治癒力を高めることをおすすめします。

 

・眠りの環境を見直す
 睡眠不足はお肌の大敵!
 しかし、長い時間を眠りに費やせば良いというものではありません。
 何時間眠ったかより、質の良い睡眠が取れているかが大切です。
 そのためには、就寝前の過ごし方が影響してきますよね。

 

 ベッドに入る1時間前は、パソコンやテレビは消して、
ゆったりと過ごすことが、質の良い睡眠を得るコツだそうです。
 朝、目覚めた時にスッキリとしていますか?
 枕カバーやシーツは、清潔に保っていますか?

 

肌のターンオーバーとニキビ

ニキビが繰り返し同じところに出来てしまうのは、
実は治っていないからだと考えたことはありませんか?
目に映る表面的な部分のニキビは消えても、
根本部分では次のニキビとなる原因が着々と準備を進めているという可能性です。
繰り返すニキビと、肌のターンオーバーは深く関係しています。

 

肌のターンオーバーとは、外部にさらされている表面の層が剥がれて、
次の層が表面の最前線へ出てくるその生まれ変わりの周期のことです。
通常、健康的なお肌は28日周期で一番深い層から表面へと浮かび上がってきます。

 

ニキビは毛穴の中で育つのですが、そのようなことからも、
毛穴を正常に保って最低でも28日間は予断を許しません。
けれど、表面に出来たニキビが消えると「治った」と思ってしまい、
ついニキビケアの意識が薄れてしまうことも。

 

また、せっかく表面のニキビが消えても、紫外線や雑菌の多いメイク道具などで、
刺激を与えてしまうことで、原因を植え付けてしまうことも。

 

肌のターンオーバーを正常に戻して、ニキビが消えても最低でも1か月間は、
ニキビケアを意識した生活を心掛けるようにしましょう!