40代の大人ニキビ

40代の大人ニキビ

40代で出来る大人ニキビは、治るのにとても時間が掛かりますよね?
それは、細胞の再生力が失われ始めているからかもしれません。
たとえば、同じような擦り傷が出来ても、10代や20代の頃は
1シーズンくらいで治り、しかも傷跡も残らなかったのに・・・

 

40代を過ぎてからは、ちょっとした傷もなかなか治らず、
治っても傷跡がシミやケロイド状になって残ってしまう。
そんな感覚はありませんか?

 

つまり、40代になって出来る大人ニキビは、
跡に残りやすいということを覚えておいてください。

 

それにしても、40歳を過ぎてもまだニキビが出来るのは、どうしてなのでしょう?
さすがに皮脂分泌も低下してきて、ほとんどの人が
「自分は乾燥しやすい肌になった」と自覚があるのにです。
そこには、40代特有の原因があるのをご存知でしたか?

 

40代の大人ニキビ、原因はホルモンと乾燥!

40代に入ると、それまでの大人ニキビは全盛期を過ぎた感覚があります。
これまでに出来てしまったニキビ跡に悩まされつつも、新しいニキビが繰り返し、
立て続けに発生するという状態は少なくなっていきます。

 

理由としては、過剰に分泌されていた皮脂も、徐々に低下していくからです。
そのため、肌そのものが乾燥を感じやすくなっていくので、スキンケアも保湿と保水、
そして栄養のバランスを意識したケアに切り替えられているはずですね。

 

ニキビは出来にくくなっていきますが、
1度出来てしまうと今度は治り難いという厄介な状況に入ります。
そして40代の後半に向かうに従い、閉経を迎える準備として、
またしてもホルモンバランスが乱れていきます。

 

いわゆる更年期になるわけですね。
この更年期のホルモンの乱れと、
乾燥による肌のダメージが、ニキビの原因になっていることが多いようです。

 

40代だからこそ、自分に合ったケアを!

40代にもなると、スキンケアに対する意識や知識も高まり、
それに伴い肌経験値も上がっていきます。
自分の肌が必要としているものは何か?
どんな化粧品が自分には合っているのか?など、
量より質の良さを優先すべき年代になっています。

 

肌のターンオーバーの周期も長くなってきています。
古い角質が剥がれ落ちるまでに、時間がかかるようになるので、
肌の生まれ変わりをサポートできるケアを意識するようにしましょう。

 

 

●40代の大人ニキビ、対処法は?
・必要であれば婦人科受診
 ニキビの原因が更年期によるものであれば、その他にも症状が現れているはずです。
 我慢するより専門医の受診をおすすめします。
・まずはニキビを作らない努力
 40歳を過ぎてからは、お肌の再生力も落ちていますので、ニキビを作らない生活をキープすることが大切です。
・ニキビが出来たら跡は残さない
 ニキビの出現率は低くなっているので、たまにポツンと出来てしまったニキビが目立つと思います。
 そこで、とにかく隠そうとしてメイクに頼るところですが、跡を残さないよう上手に治すことを優先してください。

関連ページ

20代の大人ニキビ
20代の大人ニキビについて
30代の大人ニキビ
30代の大人ニキビについて